ホーム★自分自身のお片づけ ≫ 目に関するこの常識ってウソ?ホント?自己流ケアで目にダメージを与えない対策とは?

目に関するこの常識ってウソ?ホント?自己流ケアで目にダメージを与えない対策とは?


ドライアイ老眼など、年を取るともメンテナンスが必要になってきますよね。

間違ったケアで目に大きなダメージを与えないように、正しい知識を得ることが必要ですよね。


いろいろな目に関する常識が出回っていますが、あなたは騙されてはいませんか?

(腰痛に関する記事は、こちらから読めます↓)
⇒疲労から来る腰痛にご注意:sakuraおススメの腰痛対策とは?

1)近眼の人ほど老眼にならないって本当?



ドライアイ 老眼7

これは「ウソ」だそうです。

近眼の人は年を取るほど正常になり、老眼にならない」ってよく言われていましたよね。確かに近眼の人は年を取っても近くのものは見やすいけど、「老眼にならない」こととは別物だそうです。

なので、近眼の人も遠くの景色を見たり、目の健康を考えて食事やサプリを取ったりとか老眼予防をすることは大切だそうです。

2)遠くの景色を見ると老眼予防になるの?



ドライアイ 老眼6

これは本当です。

老眼って言うのは、目の中のレンズの役割をする水晶体の調整機能が衰えることによってスムーズにピンと合わせ出来なくなり、近くのものがぼやけることを言います。

近くのものばかり見ていると、目を動かす筋肉が固まってしまって調整しにくくなります。遠くのものを見たり目を動かしたりして、目の緊張を和らげることは、これ以上見えにくくならないための予防になります。

3)魚の目玉を食べると目にいいの?



ドライアイ 老眼1

これも本当だそうです。魚の種類にもよるそうですが、魚の目玉にはビタミンB1が豊富に含まれていることから、そういわれるようになったそうです。

魚の目玉に限らず、ビタミンB1を含む食品を積極的に取ると、目の疲れとかの緩和に役立つそうです。

4)ドライアイは、目薬を差していれば大丈夫なの?



ドライアイ 老眼2

これは、間違いだそうです。

市販の目薬で症状が緩和されるうちはいいですが、必要以上にさす頻度が上がって、目薬が手放せなくなったりしたら、眼科に行くことをお勧めします。

ドライアイの一つの原因に瞬きの減少が上げられます。ジーッとスマホやTVを見ることが多いと起こりやすいです。

ドライアイ 老眼5

ストレスがドライアイを引き起こす引き金になることもあるので、気を付けて下さい。


そしてドライアイがひどくなると、ゴミが入った状態で瞬きをすると角膜を傷つけることがあります。

sakuraも最近、ドライアイがひどくて眼科にかかっています。

眼科にかかる前は、市販の目薬をさしてもすぐに目が乾燥してまた目薬をさす・・・という状態を繰り返してました。それが、眼科のヒアルロン酸入り目薬をさしたら、たった数日で乾燥が緩和されて目薬をさす回数もぐっと減りました。

ドライアイ 老眼3

今も継続して通院中ですが、調子が良ければ目薬をさす回数を減らしていっていいって言われています。通常、朝昼晩と寝る前の4回ですが、時々さすのを忘れてしまうほど、改善されています。
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示