ホームスポンサー広告 ≫ 毎日「味噌汁」を飲もう!:いつでも簡単「みそ生活」を可能にする、「みそまる」の秘密とは?ホーム★おススメの本 ≫ 毎日「味噌汁」を飲もう!:いつでも簡単「みそ生活」を可能にする、「みそまる」の秘密とは?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


毎日「味噌汁」を飲もう!:いつでも簡単「みそ生活」を可能にする、「みそまる」の秘密とは?


以前、テレビで「みそまる」っていうのを知りました。もともと「味噌汁」が好きなので、つい、見入ってしまいました。でもテレビの一部分しか見ていなかったので、情報をしっかりつかむことができませんでした。

そしたらこの前、本屋に行ったときに「みそまるおかず」って言う本が販売されているのを見つけました。もちろん即買いでした。(笑)

実はこの「みそまる」・・・今年の5月に行われた「伊勢志摩サミット」でも「みそまるブース」として、話題になっていたそうです。

この「みそまる」の良さは、、大きく分けて次の3つになります。


1)「みそまる」さえあればいつでも簡単に味噌汁が飲めること。



みそまる1

お弁当を食べるとき、「ああ味噌汁が飲みたいな」って思うことはありませんか?カップの味噌汁やお湯を注ぐだけの味噌汁もたくさん、販売されていますがやはりコストがやや高めです。

この「みそまる」なら、普段冷蔵庫の中に常備してあるお味噌に乾燥した具材を加えるだけで簡単に出来てしまいます。すぐに使うのであれば、生のものでも具材でもOKです。

冷蔵で1週間、冷凍なら1か月も持つので、お休みの日にまとめて作っておけば、とっても便利です。

自分一人だけのお昼や、旦那さんの帰りが遅くても、「みそまる」にお湯を注ぐだけで出来ちゃうので重宝すること間違いなしです。


2)「みそまる」の作り方がとっても簡単なこと。



作り方といっても、みそとだしと具材を混ぜるだけです。今回は、より簡単に市販されている「味噌汁の具」を使ってみました。

みそまる2

みそまる3

最初に味噌とだしをヘラなどを使ってよく混ぜます。sakuraは、スプーンで代用しました。

みそまる4

そして、その中に具材を入れて、またよく混ぜます。

みそまる5

次にそれを等分して、丸めます。等分したものを1個1個サランラップでくるんで、冷蔵または冷凍すればいいだけです。

みそまる7

とっても簡単でしょ(笑) それをお弁当の時に1個忍ばせて、お昼にマグカップにポイッと入れて、お湯を注げば完成です。

みそまる8

みそまる6

最近のお味噌には、だし入りのものが多いので、市販の顆粒だしを使う場合は、控えめがいいと思います。受験生の子供さんが見えるお宅なら、おにぎりと共にこれを添えるだけで夜食対策もバッチリです。


3)「みそまる」を使って、いろいろな料理にアレンジできること。


「みそまる」って、簡単に味噌汁を飲むためのものだと思っていたら、いろんな料理にもアレンジできるのです。その時に活躍するのが「万能みそまる」という味噌とだしを混ぜただけの「みそまる」です。

メンチカツに混ぜたりとか、照り焼き・ちゃんちゃん焼きなどにも、「万能みそまる」をポイっとつぎ足すだけで懐かしい和風の味になります。

sakuraが気になってるのは、「みそまる豆乳しゃぶしゃぶ鍋」です。夏でもガンガン鍋料理を食べる家族なので、是非、挑戦しようと思っています。

さらに「甘まる」「辛まる」「洋まる」「スイーツまる」とアレンジもいっぱいです。


是非、「みそまる」を作って、ほのぼのとした食事の一時を味わってください。
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

たろうさん、こんばんは。

コメント、ありがとうございます。「みそまる」いいですよね。

ガスを使うといろいろと面倒なことも多いので、このお湯を注ぐだけで味噌汁ができる「みそまる」がもっと広まってほしいと思っています。

お年寄りだけで住んでいるお家とかにも勧めたいです。自分で作れば塩分も調整できるので、用途に合った「みそまる」で、このあつい夏を乗り切ってください。

sakura | 2016.08.16 20:39 | URL


はじめまして。
みそまるいいですね。個人的に味噌汁は塩分補給の面で熱中症予防にも一役買ってくれると思ってまして、手軽に味噌汁を飲めるのは非常にありがたいです。
ぜひ参考にします。

たろう | 2016.08.15 19:33 | URL














管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。