ホーム★家の中のお片づけ ≫ 何を片付けたらいいかわからない!:断捨離で行き詰ったときにおすすめの方法とは?

何を片付けたらいいかわからない!:断捨離で行き詰ったときにおすすめの方法とは?


断捨離を始めたころは、あれも片付けようとこれも片付けようとやる気に満ち溢れています。それが、ちょっとやそっとでは目を見張るほどの結果が現れないことに気づき、やる気が失せてくることがあります。

だれでもそんな時期はやってきます。また断捨離パワーが沸いてくるまでのおすすめの方法があります。

断捨離に夢中になって、あちこち片付けているのに何か部屋が散らかってきたように思うことはありませんか?大きな変化を望むあまり、普段お片付けに使っていた時間を、何もせずに頭の中で構想を練る時間に費やしてしまっていませんか?

断捨離をしてるはずなのに部屋が片付くどころか散らかっていく・・・そんな状態を目の当りにしたら掃除するやる気もどこかに飛んで行ってしまいますよね。

でも、そんな時期はローテーションを組んでいるかのように何度も何度もやってきます。

ダイエットでもそうですよね。必ず体重の減らない停滞期がやってきます。そこをうまく乗り越えれば、ダイエットにも成功するのですが、それが我慢できずにリバウンドしてさらに体重が増えてしまう人が後を絶ちません。

断捨離も同じです、必ず停滞期がやってきます。自分のやっていることが間違っていないか不安になる時期がします。そんな時は、目先を変えて、いらないものを捨てることに集中するのをおすすめします。


sakuraが日ごろやっている、おすすめの方法には3つのルールがあります。

1)使うゴミ袋の大きさを決めること。


今日、片付ける場所によって、使うゴミ袋の大きさを決めます。

大きなものを片付けるのなら、市指定の大きなごみ袋でいいでしょう。書類などを片付けるのなら、スーパーのレジ袋くらいの大きさでいいと思います。細かいものを片付けるのなら、小さめの袋を用意して下さい。

1つの袋をいっぱいにするよりも、いっぱいになったゴミ袋がいくつかあったほうが片付けた気持ちになります。今から片付ける場所や物によって、使うゴミ袋を選んでください。

2)何枚のゴミ袋を使えば目標達成か目標を立てること。



ゴミ袋2

ゴミ袋が選べたら、今度は今日、達成する目標を立てます。

目標がなければやる気が起こりません。以前、やる気を出す方法についてまとめた記事があります。
⇒断捨離を最後まで達成する:3つの目標設定で気持ちを管理する方法とは?

今回は、溜まったゴミ袋の数を一番の目標にして、それにプラスして時間設定をするといいと思います。

ゴミ袋とタイマー

人が集中できる時間は限られているので、だらだらと片付けるよりは、目標を決めて集中してやるほうが効率的です。タイマーを設置して「用意、GO!」って合図を口に出してやるのもいいと思います。

自分が達成できる目標を立てて、クリアする癖を付けていきましょう。何度も繰り返すうちに、達成できそうなぎりぎりのラインが分かってくるので、ゲーム感覚でやってみてください。

3)ゴミの日の直前の日にやること。



ゴミ袋1

そして、これを実践する日ですが、次の日がゴミの日だという日にしてください。

溜まったゴミ袋が部屋に残っていると、それがストレスになります。また、中身が気になってまたひっくり返してみる人も出てくるかもしれません。それを避けるために、実行するのはゴミの日の前日にしてください。

さらに、小さなゴミ袋がたくさん集まったら、必ず大きなゴミ袋にひとまとめになるようにしてください。ひとまとめにして、その量を確認すると達成感も倍増します。


とにかく快適な空間を作る道のりは、果てしなく遠いです。引っ越した経験のあるsakuraには、普通では実感できない「荷物の多さ」を知っています。

多少のリバウンドには目をつむって、少しずつ目標に向かって頑張っていきましょう!
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示