ホーム★コツコツ断捨離 2017 ≫ カラーボックスの棚の本のお片付け:コツコツ断捨離(2)

カラーボックスの棚の本のお片付け:コツコツ断捨離(2)


つい丁度いい高さのスペースがあると、とりあえず置き場としてつい物をどんどん置いて行ったりしませんか?

そして気が付いてみれば、大変なことになっていたりして・・・今日は、そんなカラーボックスの棚のについてのお片付けです。

前回に引き続き、コツコツ断捨離の2回目です。

1回目の様子はこちらから読めます。
http://okatadukedouzyou.blog.fc2.com/blog-entry-155.html" target="_blank">⇒記ベッド脇の本箱のお片付け:コツコツ断捨離(1)


(1)今日のターゲット



コツコツ断捨離2-4

居間に置いてある、カラーボックスの棚のお片付けです。


(2)ココをどうやって、片づけたいのか


とりあえず、まずは全体的にスッキリとさせたいです。そしてポイポイと物を置くことをやめます。

そのポイって置かれたものによって、利用頻度の高い料理の本が本が取り出しにくくなっています。それをいつでもさっと取り出せるようにして、料理の本を取り出す時のストレスをなくしたいです。


(3)お片付けの実践課程


まずは、アップで写真を取って、やるべきことを再度、確認します。結構、無造作に積み重ねられていますよね。

コツコツ断捨離2-3

コツコツ断捨離2-2

下のカゴの中も入り口付近は、とても混雑しています。

コツコツ断捨離2-1

もしかしたら、前に物を置くことのできない場所に料理の本を移動させたらいいのかも・・・って思いつきました。今まで上のカラーボックスに入れてあった本を、下のカラーボックスに移動させてみます。

下の段のカラーボックスの中身を空にしたら、カラーボックスの白が生えてとてもいい感じです(笑)

コツコツ断捨離2-7

そして本を入れてみます。

コツコツ断捨離2-6

ちょっと低いので、取り出すたびにしゃがむ必要がありますが、とってもいいです。これなら取り出すときのストレスもなくなります。

そして、今度は下のカラーボックスに収納していたカゴの中身を整理して、上のカラーボックスの棚に上げてみます。

コツコツ断捨離2-10

見た目的にはスッキリとしてますが、非常に使いにくくなりました。カゴの中身がよく見えないし、取り出すたびにカゴを取り出さなければいけなくなりました。

更に、上のカラーボックスは幅が広く高さは低め、下のカラーボックスは幅が狭く高さがあります。これのメリットをつぶして、デメリットばかりになってしまいました。

やはり、以前から置いてあった配置が一番いいみたいです。せっかくここまでやり遂げましたが、もう一度やり直しです。

そして、最初から80分後にやっと完成しました。

コツコツ断捨離2-9

物もかなり減らすことが出来たので、全体的にスッキリしました。

コツコツ断捨離2-11


(4)感想・まとめ


やはり、基本は物を減らすことが大切だと思いました。そして、収納ケースの特性を生かすことも大切です。そして動線も考えて、毎日無理せずに取り出せる場所に物を配置することが一番です。

これでいつでも料理の本を取り出せるので、ご飯づくりもはかどりそうです。今まで、あそこに載ってるのに・・・と思いつつも料理の本を取り出すのが面倒で作るのを敬遠していたメニューにも気軽にチャレンジできます。

毎日使うものは取り出しやすく、また、使ってこそ意味のあるものは最大限に利用して行きたいですね。


さて、次のターゲットはどこにしましょうか?
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示