ホーム1つ買ったら1つ捨てる ≫ タオル干しの買い替えに膨大な時間と労力を使った理由とは?:毎日使うものだけにストレスフリーで使いたい

タオル干しの買い替えに膨大な時間と労力を使った理由とは?:毎日使うものだけにストレスフリーで使いたい


ものを買い替えるときに、すぐに代用品が見つかればいいですが、見つからないと大変なことになります。

たかが「タオル干し」と思われるかも知れませんが、されど「タオル干し」なのです。

洗濯は、毎日最低でも1回はしています。その中でもタオルの占める割合は結構、高いです。

長年、気に入って使っていた「タオル干し」がとうとう寿命にさしかかりました。

タオル干し7

物干しにかける部分が壊れても、S字フックで代用し、老朽で割れてもガムテープで補修して、大切に使ってきました。洗濯バサミが壊れると、他の洗濯バサミに付け替えて使ってました。

タオル干し3

でももう限界みたいです。

タオル干し6

かなり前からその限界を見越して、新しい「タオル干し」を探していたのですが、なかなか見つからなかったのです。

今まで使っていたのが、とても便利だったのもあって、それと同じ機能を追い求めていたからのがいけなかったのかもしれません。


1)たくさん干せること


現在は3人で住んでいますが、台所・お風呂・洗面所で毎日使うタオルが4枚。そのほか、昼間に持って行ったりお風呂に入った時に使うタオルがそれぞれ数枚!

毎日、10枚以上のタオルを干さなければなりません。たくさん干せることは、最大重要事項でした。


2)簡単に家の中とベランダの行き来が出来ること


夏の天気がいい日ならともかく、曇った日や冬では外に干しただけでは、完全には乾きません。その生乾きの部分は、脱衣所の除湿器の乾燥機能を使って乾かします。

そういう理由で、持ち運びのしやすいタイプでないと困るのです。よくある、円形に広がるタイプは使えません。

さらに、思った方向と反対側に折り曲げるタイプのものもありました。それを買った時は、理由を話して返品しました。



この2点だけはどうしても、譲歩することのできない条件です。

そして意外とこの条件を満たしているものがないことが、あちこちのお店を探し回って分かりました。

ほかの家庭では、タオルの枚数が少ないのでしょうか?それともあの円形タイプを使っているのでしょうか?


そして、探しに探しまくって、やっと今の「タオル干し」を見つけました。あまりの嬉しさに、心の中で「ヤッタ=!」って叫んだほどです。

タオル干し4

この「タオル干し」は、交互に洗濯ばさみの色が変えてあるので、干すラインがすぐに分かって楽です。今は、ストレスなしでタオルが干せるので、とても快適な毎日を送っています。

タオル干し5

タオル干し1

タオル干し2


たかが「タオル干し」、されど「タオル干し」です
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示