ホームスポンサー広告 ≫ 手ぬぐいで、お部屋のインテリア:お片づけ人生にも集める楽しみをホーム★sakuraの気ままな日記 ≫ 手ぬぐいで、お部屋のインテリア:お片づけ人生にも集める楽しみを

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


手ぬぐいで、お部屋のインテリア:お片づけ人生にも集める楽しみを


約3週間余り、お片づけに精を出してきましたが、その中でも絶対、処分しないものがいくつかあります。

その一つが、この「手ぬぐい」です。かさばらないから、コレクションしてもあまり気にならないです。

余分なもの必要のないものは、どんどん処分するほうが、返って幸せな人生を送れると思います。

でも、自分の人生の中に、一つや二つ、気に入るからコレクションする物があってもいいのではないでしょうか?まして、そう場所も取らない「手ぬぐい」、100枚集めてもそう引き出し1つに入りきりそうです。

もともとsakuraは、日本的なものが結構好きです。お寺や寺院を巡ったり、和食を楽しんだり・・・本当に日本に生まれてきて幸せだったと思います。

そんな中、「手ぬぐい」を集め始めたのは、あるイベント会場にたくさんの手ぬぐいが飾られているのを見たからでした。

昔は、「手ぬぐい」というと、掃除のときに頭にかぶるものだと思っていました。それ以外で使ったのは、昔、剣道をしていた時に面をかぶる前に頭に巻いた時くらいです。

そういう実用的な使い方しか知らなかったのですが、額に入れて飾ってある手ぬぐいは、とても優しくて心が和みました。

それ以来、機会があると見に行って、気に入ったのがあれば買うのですが、なかなか近くに手ぬぐい屋さんがありません。

何かのイベントがあった時か、名古屋の高島屋に行かないと買えないのです。

手ぬぐい3

それもタイミングが合わないと、毎年行くのが同じ時期で、季節ものしかなかったりとかで買えない時もあります。


この前、京都に旅行に行きました。

(この前の京都の話はこちらから)
⇒母と私と娘の親子三代「京都旅行」~夢を叶えました(2)~

手ぬぐい2


その時も手ぬぐい屋さんに行ってきました。さすが京都です。ものすごい数の手ぬぐいでした。もう感動しまくりでした。

そのたくさんの手ぬぐいの中から選ぶのは大変ですが、だいたい第一印象でいいなって思ったものが最後まで候補として残ります。

そこそこお値段のするので、一度に何枚も買うわけには行かないので、この時は、2枚まで絞って買いました。そんなsakuraのコレクションの一部を紹介します。


1)パンダとスイカ


手ぬぐい8
このダラ~ッとしている姿がとっても気に入ってます。


2)ひな祭り


手ぬぐい7
ひな祭りとか行事の手ぬぐいは、本当にたくさんあります。このエッグの形がとっても可愛くて好きです。


3)猫来くん(にゃんらいくん)


手ぬぐい6
これは猫のイベントをしていた時に、飾ってありました。デザイナーさんの手ぬぐいなのか、いつもの手ぬぐいよりも高かった気がします。


4)永楽屋創業四〇〇年記念手ぬぐい


手ぬぐい5
四〇〇年もの伝統がある手ぬぐい屋さんだったのです。そんな時に訪れたのも何かの縁だと思いました。

「桃太郎」だそうです。このどっしりとした中にも派手さがあって時代の重みを感じさせてくれます。


5)つばめ


手ぬぐい1
これからの季節にいいですよね。昔なら家の軒先に「つばめの巣」がある家を見かけました。春にやってきて秋に帰っていく、季節を感じさせてくれる鳥です。


この手ぬぐいを季節ごとに、張り替えてより季節を身近なものとして感じています。

sakuraの大好きな桜の季節も、もう終わりです。来年また桜に会える時を思い浮かべながら、これからやってくる夏に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

日本の四季っていいですね。
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。