ホームスポンサー広告 ≫ 定位置を決め、奥行きと高さを最大限に使う方法とは?:冷蔵庫のお片づけ(1)ホーム★家の中のお片づけ ≫ 定位置を決め、奥行きと高さを最大限に使う方法とは?:冷蔵庫のお片づけ(1)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


定位置を決め、奥行きと高さを最大限に使う方法とは?:冷蔵庫のお片づけ(1)


なかなか片づけることのない、冷蔵庫の中身を今日は片づけてみました。

定番のものを取り出しやすく、そして物が迷子にならなくなる方法を考えてみました。

sakuraの家は、冷蔵庫の左端に壁があるので、冷蔵庫の左の扉が全開しません。さらに、腰くらいの高さのところにはものが置いてあるので、冷蔵庫の正面に立つことが出来ないのです。

それによって、いつも少し不自然な姿勢で冷蔵庫の中身を取り出しています。この冷蔵庫の位置は変えることが出来ないので、それ以外にできることで、悩みを解決する方法を考えます。


悩み1)ジュースが場所をとること。


子供が炭酸が好きで、いつも仕事の帰りに500mmのペットボトルを買うのはいいのですが、飲みかけで余ったものを冷蔵庫に入れます。

それがどんどん増えて、場所を侵食してきます。横にすると転がるので、置き場所に悩みました。これは最大の数を決めて(このかごに入るだけ)それ以上は、強制的に飲ませるか、まとめることにします。

冷蔵庫8

悩み2)左の奥が使いにくいこと


100均で買ったトレーを置いて、取り出しやすくしました。これで、奥の方に入れてあっても手前に引き出すことによって、迷子になることはありません。

冷蔵庫3

冷蔵庫7

トレーを置くことで、冷蔵庫の空間に区切りが出来て、すっきりとしたイメージが出来上がりました。空間を区切ると、置く物の場所も決めやすくなり、我ながら大成功だと思いました。

冷蔵庫1


悩み3)定番のものの量が分かりにくい


定番のものが、埋もれて賞味期限が切れたり、買ってあったのにまた、さらに買い足したりして無駄になることがあるので、定位置を決めました。

抗酸化を防ぐための「納豆・めかぶ」そしてミニ豆腐は、ちょうどいい大きさのカゴがあったのでそれに入れて、管理することにしました。


悩み4)使う頻度の多いものを取り出しやすくする


こんにゃく、ウズラの卵の水煮、タケノコの水煮、カレー粉など頻繁に使うことが多鋳物があります。それは冷蔵庫にある量がすぐにわかりやすく、そして取り出しやすいようカゴに入れて分類しました。

このとき、問題なのがカゴの高さです。深ければ、たくさん入れることが出来ますが、冷蔵庫を開けた時に何が入っているか分からなくなるので、ほどほどの高さにすることが秘訣です。


最初に比べてこんなにもスッキリとすることが出来ました。

冷蔵庫5

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

冷蔵庫4

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

冷蔵庫6

冷蔵庫は冷気を循環して、冷やしているので、「詰め過ぎ」には気を付けたほうがいいです。


冷蔵庫がスッキリすると、料理もやる気になってくるから不思議ですね。これからも買いすぎず、この状態をキープしていきたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。