ホームスポンサー広告 ≫ 第29回サラリーマン川柳 上位10句:自虐過ぎて笑えない、哀愁漂ようサラリーマンの悲哀とは?ホーム★sakuraの気ままな日記 ≫ 第29回サラリーマン川柳 上位10句:自虐過ぎて笑えない、哀愁漂ようサラリーマンの悲哀とは?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


第29回サラリーマン川柳 上位10句:自虐過ぎて笑えない、哀愁漂ようサラリーマンの悲哀とは?


「第29回サラリーマン川柳コンクール」の人気投票結果が5月23日に発表されました。

11万人以上からの投票のうち6305票を獲得し、圧倒的な強さで大賞に輝いた1位川柳をあなたは笑って詠めますか?

サラリーマン川柳コンクール」は、サラリーマンだけではなく、OL、主婦、学生など、だれでもが参加できる「第一生命」主催の川柳コンクールです。

1987年にスタートし、今回で第29回を迎えています。今年は、全国から3万9551が寄せられ、約11万人の投票があったそうです。

日常に起きる何気ない出来事を、ユーモアのある風刺センスで表現した作品が、読む人それぞれにさまざまな感情を与えてくれのが人気です。

今年の上位10位は、この作品でした。

【第1位】掛け合わせの技巧が光る一句

退職金 もらった瞬間 妻ドローン

【第2~5位】シニア男性の寂しさをユーモラスに

第2位「じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち」

第3位「キミだけは オレのものだよ マイナンバー」

第4位「娘来て 『誰もいないの?』 オレいるよ」

第5位「福沢を 崩した途端 去る野口」

【第6~10位】あるある、で共感

第6位「カーナビよ 見放さないで 周辺で」

第7位「決めるのは いつも現場に いない人」

第8位「妻が見る 『きょうの料理』 明日もでず」

第9位「ラインより 心に響く 置手紙」

第10位「愛犬も 家族の番付 知っている」




【第1位】退職金 もらった瞬間 妻ドローン



サラリーマン川柳4

ちょっと前に、「熟年離婚」っていう言葉が流行った時がありましたよね。

旦那が働いている間は、無理難題にも我慢できても、退職してからもそのままだと、女性は同じ条件になったのに何故?って思ってしまうのかもしれません。

自分のことは何でもできる妻だけに、あと残りの人生で足らないのは旦那ではなくて、お金だけなのかもしれませんね。


第2位「じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち」



サラリーマン川柳5

孫は、おばあちゃんのいる家だっていう意味で言ってるのだと思いますが、おじいちゃんからしてみれば納得がいかないんでしょうね。

まあ、かかわる時間がものを言いますから、頑張ってください。

第3位「キミだけは オレのものだよ マイナンバー」


マイナンバーが導入されてすぐだけに、興味をひかれた部分が大きかったです。

最近は、結婚しない人も多いそうなので、一生涯連れ添っていくのは「マイナンバー」、君だけだよっていう意味もあるのかなって思いました。

第4位「娘来て 『誰もいないの?』 オレいるよ」


存在感の薄いお父さん、負けずに頑張ってください。


第6位「カーナビよ 見放さないで 周辺で」



サラリーマン川柳2

カーナビってある程度、目的地に着くと「目的地に到着しました。案内を終了します」って言うアナウンスとともに、元に戻ってしまいます。

もう近くにいることが分かっているけど、あと少しなのに分からないって言うとき、本当にどうしていいのか分からなくなりますよね。

また、道を知らないと思って最短距離を示そうと、細い道に入って行ったりすることもあります。カーナビだけに頼ると大変な目に合うかも知れませんので、要注意です。

第7位「決めるのは いつも現場に いない人」


実際に現場で起こる問題とか無視して、机上だけで出来た計画には、ほとほと参ってしまうことがあります。やっぱり、上に立つ人は現場を経験した人になってもらいたいです。

第9位「ラインより 心に響く 置手紙」



サラリーマン川柳1

今でこそ携帯なくては、生きていけないような毎日ですが、昔は携帯がなくても十分生きていけました。

待ち合わせしていても相手が来なくて、何時間もまったり、手紙の返事が来るのを指折り数えて毎日のようにポストを覗いたり・・・

そんな経験は、今の若者には想像も出来ないことなんでしょうね。子供が小学校から帰ってくるときに、机の上にお菓子とともに添えた置手紙、懐かしいですね。

第10位「愛犬も 家族の番付 知っている」



サラリーマン川柳3

愛犬ではないですが、同居するようになったとき、以前からその家で飼っていた犬には、死ぬまで吠えられ続けました。

「私のほうが先に住んでいたのだから、格は上だよ」って言われているような気がしていました。


たくさんの中から投票で選ばれただけあって、「あるある」って共感をひくものが多かったですよね。

まあ、年をとると女性は強くなります。今まで頑張ってきたお父さんの居場所は、薄くなっていくのかも知れませんね。

笑ってやり過ごせる川柳はいいですが、あまり悲壮感が漂いすぎて笑えなくなってしまうとストレスになるかもしれません。


日頃の悩みも、パーッと笑って忘れられるといいですよね。
関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。