ホーム★家の中のお片づけ ≫ 引越し以来の開かずの間をお片付け:断捨離の偶然のチャンスを生かす秘訣とは?

引越し以来の開かずの間をお片付け:断捨離の偶然のチャンスを生かす秘訣とは?


引越し以来、一度も手を付けずにそのままにしていた収納場所がありました。

このお休み中に、そこを一気にお片付けしました。断捨離の絶好の機会を与えてくれたチャンスとは一体、何だったのでしょうか?

引越しするとこが決まって以来、同じタイプのケースを買ってそこにモノを分類してしまっていました。

トレッドミルの向こうの収納ケース5

ふたが出来る上にロックもできるので、そのまま中身を移し替えずに引越しできました。手間が省けたので、とても助かりました。

それを壁面のシェルフに並べて収納したのは良かったのですが、それの前にトレlッドミルを設置してしまいました。すると、収納ケースは手前ではなく奥のほうになったので、そのまま置き去りになってしまいました。

それがこの前、トレッドミルが壊れてしまったのです。そして修理に出してある間、そこには何も置いてありません。こんなチャンスって滅多にないですよね。

(それについてはこの記事の中で詳しく書いてあります。)
⇒必ずやって来る:断捨離を一気に加速する、タイミングとは?


そのチャンスを逃さず、思い切ってその収納ケースの中身を開けてみることにしました。長い間、触ってもいなかったのですごいホコリにおおわれてました。

トレッドミルの向こうの収納ケース2

まずは、ホコリ取りのモップと雑巾でケースの外側の掃除をしなければなりません。

トレッドミルの向こうの収納ケース3

掃除が終わってから、いよいよ中身のチェックです。一応、外に中に何が入っているかのラベリングはしてあったので、開ける前からだいだいの予想はつきます。

何個か並べて、まずはいらないものを処分します。古い解説書・もう読むことのない本・雑貨類・・・どんどんゴミ袋の中へ放り込んでいきます。

トレッドミルの向こうの収納ケース4

そして、モノの量が減ってから、もう一度分類して分けていきます。そして最後に前回と同じようにラベルを付けます。

トレッドミルの向こうの収納ケース1

元の位置に戻してくと、ケース自体の量は変わらないですが、ゴミが2袋も出ました。そのごみの量を見て、今回のお片付けは成功だったといえます。

トレッドミルの向こうの収納ケース6

(お片付けの成功の秘訣については、こちらに詳しく書いてあります。)
⇒断捨離を最後まで達成する:3つの目標設定で気持ちを管理する方法とは?


断捨離の偶然のチャンスを生かす秘訣とは、偶然、舞い降りたチャンスを逃さずに、一気にお片付けすることです。

偶然のチャンスの時って、意外とやる気が沸いてくるものです。それを逃さずにためていた「断捨離パワー」を一気に開放してあげてください。思っていた以上にうまくいって、心がすっきりとすることが多いです。

実は、断捨離パワーも限界というものがあります。、放出し過ぎて、パワーが弱まってきたらしばらくはお片付けのことは忘れて、パワーをためることが必要です。

そしてチャンスが来たら一気に「断捨離パワー」を放出して、またお片付けを始める。それの繰り返しが、一番「ストレスもたまらずにお片付けを長く続けていく秘訣」のように思います。

関連記事

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示